見沼たんぼの自然

都市化が進むさいたま市の中にありながら、見沼たんぼとその周辺の地域には、今なお、いろいろな動植物が生息しています。
それは、見沼地域に芝川や見沼代用水を中心とした水辺、また、水田、畑などの農耕地、さらに斜面林というようにさまざまな自然環境が残されているからです。

見沼たんぼの代表的な景観

見沼の斜面林

見沼の斜面林
斜面林

見沼たんぼの谷戸の斜面に沿って線状に雑木林が連なっており、見沼の斜面林として知られています。
斜面林は、貴重な動植物の生息生育環境を提供すると共に、周辺の住宅地の環境を調整し、また、農地と一体となって見沼たんぼの独特な田園景観を形成しています。
斜面林の主要な構成樹種としてはコナラ、クヌギ、アカシデ、イヌシデ、ムクノキなどが見られます。
近年、斜面林は減少が著しく、早急な保全が課題となっています。

見沼の川

見沼の川
加田屋川

主な川として、芝川と加田屋川が流れています。
多自然型の護岸や河川敷にアシなどの水辺の植物を植えることにより、生きもののすみかをつくっている区間があり、豊かな自然を感じさせる美しい景観を形成しています。
コイ、ボラ、ドジョウ、アメリカザリガニ、アマガエルなどの水生生物が生息し、サギ類、カルガモなどの鳥類が飛来します。
現在はどちらの川も生活排水などにより悪化した水質の改善が求められており、さいたま市による下水道整備の推進や、市民活動団体による水質調査や河川浄化活動が行われています。

見沼代用水

見沼代用水
見沼代用水東縁

見沼たんぼの東西の縁を流れる見沼代用水は灌漑のために利根川から引かれた用水ですが、現在は農業用水としての役割だけでなく、見沼たんぼならではの景観形成や魚などの水生生物の住みかとしての役割にも注目されています。
現在、ほとんどの区間でコンクリートの三面護岸になっていますが、さいたま緑のトラスト保全第1号地の周辺では江戸時代と同様の土の護岸が残されており、斜面林と見沼代用水が一体となった見沼の原風景を見られます。
また、見沼代用水沿いは西縁、東縁ともに長い区間が桜並木となっており、春にはお花見をしながら散策する人々でにぎわっています。

湿地

湿地
湿地

本来、河川の低地である見沼たんぼには、水田として長く利用されて来たこともあり、多様な湿地の動植物が生息生育しています。
動物ではアマガエル、アメンボ、ゲンゴロウ、ヤゴなどが生息し、これらを餌とする多種の水鳥が飛来します。植物ではアシ、ガマなどが見られ、これらは、水辺の生きものにかくれる場所を提供しています。
また、水田を含めて湿地には、水源の涵養機能、遊水機能など、多様な環境調整機能があります。

草地

湿地
草地

見沼たんぼには、公園の芝生やシロツメクサなどの管理された草地、休耕田や荒れ地の粗放的な草地、河川敷の草地など、様々な種類の植物からなる草地がたくさんあります。
このような草地は、日当たりや湿度の違いによって、多様な動植物が生きられる環境を形成しており、見沼たんぼの生物多様性を支えています。

緑のトラスト保全 第7号地

緑のトラスト保全 第7号地

地主の小川原幸一氏から「自然を愛する人たちに利用してもらいたい」と寄附されたやしき林です。
この地区は、元荒川と綾瀬川にはさまれた台地上にあり、付近には帯状に連続する段丘斜面林や赤坂沼湿地などの地域を代表する自然環境も多く残され、いろいろな動植物が見られます。
開園時間は、4月~9月(9時~18時)、10月~3月(9時~17時)。
《行き方》蓮田駅から約1.7㎞ 「岩槻駅」行バス 「馬込」バス停で下車 徒歩約3分。

緑のトラスト運動

緑のトラスト運動は、広く県民から寄附(きふ)(「さいたま緑のトラスト基金」)を募(つの)って、埼玉県の緑豊かな自然の残っている土地や歴史的な建物を取得(しゅとく)したり、借りたりして、それらを県民共有の財産として末永く保全(ほぜん)していこうという運動です。
「さいたま緑のトラスト協会(県民主体の運動の推進(すいしん)組織)」が県からの委託(いたく)を受けて管理を行っています。埼玉県で10、さいたま市には、2つの保全地(ほぜんち)があります。

ビオトープ

「ビオトープ」とは、ドイツ語で「生物」を意味する「ビオ」と「場所」を意味する「トープ」とを合わせた言葉で、さまざまな野生生物が生きていくことができる環境のことを表しています。 さいたま市では、都市化が進んでも残っているビオトープを守ったり、本来そこにあった自然をビオトープとして再現したりしている公園や小・中学校がいくつかあります。

  • 合併記念見沼公園(大宮区)
    合併記念見沼公園(大宮区)
  • 七里総合公園(見沼区)
    七里総合公園(見沼区)
  • 見沼自然公園(見沼区)
    見沼自然公園(見沼区)

見沼たんぼで見られる植物

見沼たんぼで見られる植物の一部を紹介します。

コナラ
コナラ
見沼たんぼの斜面林でも多くみられる雑木林の構成種。高木の落葉広葉樹。樹皮は灰白色で、年がたつと縦に割れ目ができる。葉の縁には鋸歯(ノコギリのようなギザギザ)があり、裏面には毛がはえている。花は新葉と共に咲き、秋にはドングリをつける。
クヌギ
クヌギ
見沼たんぼの斜面林でも多くみられる雑木林の構成種。高木の落葉広葉樹。葉のふちの鋸歯の先は針状にとがっている。ドングリはコナラより大きく半球形。斜面林で見られる。
シラカシ
シラカシ
屋敷林によく植えられる常緑広葉樹。 葉はやや革質で、裏面は緑白色。4~5月に花が咲き、雄花は垂れ、雌花は直立する。秋にはドングリをつける。
アシ
アシ
湿地の泥の中を、地下茎がはって群生する。日本各地の池沼、川岸などに生える多年草。葉は長さ20~50cmの線形。別名ヨシ。
ヒガンバナ
ヒガンバナ
田の畔や土手などに群生する多年草。9月が見頃。
高さのある花茎に、鮮やかな紅色の花を散形状に5~7個つける。別名マンジュシャゲとも呼ぶ。
スミレ
スミレ
日当たりの良い林の縁や土手で、4~6月中旬にかけて見られる。濃紫色の花を咲かせる多年草。葉は根元から直立方向に立ち上がる。スミレには多くの種類があるが、本種が代表格。日当たりの良い林のふちや土手で見られる。
ホウチャクソウ
ホウチャクソウ
枝先に淡い緑白色の花を1~2個垂れ下げてつける多年草。
丘陵の林内に生え、4~5月に見られる。
クマガイソウ
クマガイソウ
林の中や竹薮等に生える多年草。
名前の由来は、昔の武将、熊谷直実が背負っていた母衣(ホロ)に似ている事から、クマガイソウと呼ばれる。
ヤブカンゾウ
ヤブカンゾウ
道ばたや土手、林の縁などに生える多年草。
花茎は1mほどになり、橙赤色で八重咲きの花を数個つける。

※ヒガンバナ~ヤブカンゾウ写真の提供:NPO法人カンゾウを育てる会

見沼たんぼで見られる生きもの

見沼たんぼで見られる生きものの一部を紹介します。

ヒバリ
ヒバリ
頭部に短い冠羽がある、全長17cmほどの鳥。地味な外見だが、早春から夏にかけてピィピィ、リリリ、と長時間さえずるその声が美しい。背の低い草地で見られる。
モズ
モズ
頭部が大きく尾が長く、先が鋭く尖った太いくちばしを持つ全長20cmほどの橙褐色の鳥。小さな猛禽類である。捕らえた獲物を枝に刺す 「はやにえ」という習性を持つ。林や農耕地、河原などで見られる。
オオヨシキリ
オオヨシキリ
4~9月頃見られ、ギョギョシ、ケケシ、など濁った鳴き声。鳴く時見える口の中の橙赤色が目立つ。休耕田などのアシ原に生息し、アシの茎間を移動しながら昆虫を補食する姿が見られる。
カワセミ
カワセミ
長いくちばし、コバルト色の背、頭部・翼は光沢のある緑色、目の下・胸はオレンジ色の美しい鳥。芝川や見沼代用水、第一調節池などで水中に飛び込んで魚を採る姿が見られる。
アマサギ
アマサギ
4~10月に見られる。くちばしが橙色で脚が黒。夏は頭部~首がオレンジ色になるが、冬は全身が白くなる。昆虫やカエルを主食とする。他のサギ類に比べて乾いた草地を好み、水田や湿地で見られる。
ニホンアマガエル
ニホンアマガエル
3~4cmの小型のカエル。緑葉の上では緑色に、枯葉や土の上などでは茶褐色の地色に暗灰色の斑紋に体色を変える。
ため池や水田、畑付近の草むらなどで見られる。
ミドリシジミ
ミドリシジミ
平成3年に埼玉県の蝶に指定された。幼虫は湿地の木であるハンノキの葉を食べて育つ。オスは緑に輝く羽が美しい。6~10月に見られ、夕暮れに活発に飛ぶ。特に梅雨の晴れ間の夕方が観察時で、羽を緑色に輝かせて飛ぶ姿が見られる。
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
成虫で越冬し、小春日和の日には飛び回ることもある。幼虫はアラカシを食べて育つ。年に2回羽化するので3月~12月の長い期間見られる。
ハグロトンボ
ハグロトンボ
見沼代用水沿いをヒラヒラと、群れながら飛ぶことが多い。羽化直後は林内で暮らす。 水際に茂る草は幼虫にとっても成虫にとっても大切な隠れ家となる。 5~10月に見られる。

※鳥類写真の提供:日本野鳥の会埼玉
※昆虫写真の出典:埼玉県環境科学国際センター

失われつつある見沼の自然