2. 鈴木家住宅

鈴木家は高田家と共に井沢弥惣兵衛為永に従って見沼干かん拓たく事業に参加しました。
享保16年の見沼通船堀の完成と同時に鈴木・高田両家は幕府から差配役に任じられ、当初は江戸の通船屋敷、後には八丁において、各船に対する積荷や船頭の割り振りなどを行うようになりました。
見沼通船堀の船割り業務を担っていた役宅として貴重な建物です。
毎週土曜・日曜には復元した船などを公開していますが、個人宅なので、無断では立ち入らないでください。