• HOME
  • 見沼・さぎ山交流ひろば

見沼・さぎ山交流ひろば

イベント情報

見沼・さぎ山交流ひろばとは?

見沼・さぎ山交流ひろばとは?

誰もがいつでも立ち寄れる見沼田圃となるように、さぎ山記念公園、さぎ山記念館を拠点とし、総合的な情報発信や学習・休憩・作品展示などの機能をもった「見沼・さぎ山交流ひろば」が平成28年6月1日より運営を開始しました。

交流ひろばでは市民団体等が運営の主体となり、参加者・市民・来訪者との交流を図る場として、様々なプログラムを定期的に実施していく予定です。
なお、活動の趣旨に賛同し、参加いただける団体及び個人の方々を募集しています。

見沼・さぎ山交流ひろばは、さいたま市見沼田圃基本計画アクションプランの市民プロジェクト「新たな交流の場の創出」として位置づけられています。

さいたま市見沼田圃基本計画アクションプランの詳細はこちら

活動拠点

■ 位置
緑区南部領辻・上野田
■ 交通
大宮駅、浦和駅、東浦和駅、浦和美園駅などからバス
【駐車場】
さぎ山記念公園(約40台)
見沼自然公園 (約190台)
■ 拠点としての主な選定理由
・見沼たんぼの中央付近にあり、周辺に見沼自然公園や田畑等の環境教育、農業体験ができる場がある
・施設管理者が常駐しており、活動可能なスペースがある
・公益的な取り組みをしている地元農家や活動団体が近隣に存在する
・自家用車利用(駐車場)、公共交通(バス)利用の両方に対応し、設備も充実している

見沼・さぎ山交流ひろばに参加している方、また参加を希望する団体・個人の方へ

見沼・さぎ山交流ひろばに参加している会員・サポーターの方 詳細はこちら

見沼・さぎ山交流ひろばに参加を希望される団体・個人の方 詳細はこちら