市民活動の紹介

見沼田んぼ保全市民連絡会

団体名 見沼田んぼ保全市民連絡会
ホームページ http://genki365.net/gnks13/mypage/mypage_group_info.php?gid=G0000015
活動内容
会の性格

私たちの会は「連絡会」で、個人加盟ではなく、個々の「会」が、年次毎に加盟しております。
現在は8団体が加盟で、7~11の団体が加盟しております。 (個人の方には、連絡加盟団体の活動内容、連絡先等を紹介し、各団体に加盟してもらっています。個人の方はオブザーバー加盟となります)
主な日常の活動は、個々の団体が行います。「連絡会」は、次の活動を行っております。

  1. 2ヶ月に1回連絡会を行い、見沼田んぼ全般の状況や、問題点などを交流、報告しあっている。
  2. その結果、必要があれば、行政への申し入れ・調査・研究等を行っている。
  3. 保全連としてのホームページ「見沼保全連」及びブログ「保全連通信」をネット上に公開する。
  4. 毎年1回「研究集会」を行う。

以上1~4の活動を行っています。

これまでの活動

活動の歴史は長く、次のようです。

●1988年の「見沼保全市民連絡会」結成以降、旧大宮市七里ゴミ最終処分場問題交渉や旧浦和市大崎ごみ処分場問題交渉、川口市グランド計画問題交渉などに取り組み、「見沼三原則」に変わる新たな土地利用方針である「見沼田圃の保全・活用・創造の基本方針」を決める「見沼田んぼ土地利用協議会」に参加しました。
その後も、川口市の「保全・活用検討委員会」に参加、現在は「芝川第1調節池整備検討委員会」に参加しています。

●1994年に、「見沼マップ」を発行しています。

●毎年、「斜面林&湿地」調査と、「研究集会」を行っています。

今年度の行事予定

●斜面林&湿地調査・・・7月~8月

●市民研究集会

研究集会

写真:研究集会

会員数
問い合わせ・連絡先 さいたま市緑区南部領辻2847ー2 村上方
TEL 048-878-3126
代表者 村上 明夫
活動カテゴリー 環境保全環境学習環境調査