市民活動の紹介

さいたま市みどり愛護会

団体名 さいたま市みどり愛護会
ホームページ http://www2.olff.net/smak.or.jp/
活動の背景 平成8年、自然観察大宮フレンドと大宮市みどり課(当時)が協働して森のボランティア・大宮みどり愛護会を設立しました。
平成13年、さいたま市誕生に伴い、さいたま市みどり愛護会と改称しました。
市内の森の減少と荒廃に歯止めを掛けるためです。
活動の目的 生物多様性維持・大気浄化・地球温暖化阻止という環境保全のために雑木林と屋敷林を守り育てます。
活動内容

さいたま市の自然緑地及び特別緑地保全地区を対象に、下草刈り・枝打ち・間伐・落葉かきを行っています。
現在、10支部が21ヶ所の緑地を分担して定期的に保全活動を行っています。
また、学校や市民の雑木林体験学習、竹林保全、シイタケ栽培を随時実施しています。

谷地再生作業

写真:みどりのボランティア支援 ボーイスカウト

会員数 251名
年間活動予定 各支部で毎月の定例日を決めて保全活動を行っています。
表彰歴 国土交通大臣表彰。さいたま環境賞受賞。
問い合わせ・連絡先 さいたま市見沼区大和田町1-2124-13
TEL/FAX 048-683-1764
代表者 小野 達二
活動カテゴリー 環境保全環境学習環境調査レクリエーション