見沼たんぼコラム

見沼たんぼのホームページによせて

田畑貞寿

田畑貞寿

見沼たんぼのホームページの開設おめでとうございます。
ここまでたどり着いたのは、見沼たんぼのことを想う市民活動団体の皆さんと、市の職員の皆さんの協働による熱心な取り組みがあってこそと、頼もしく思っております。本ホームページをきっかけに、見沼たんぼ保全のための協働による取り組みが、更に発展することを期待し、応援しております。

私も、市や県の委員会などを通じて見沼たんぼの保全に関わって40年余たちます。
今、思い返すと、当初と今では随分と見沼たんぼを取り巻く状況が変わってきています。
特に水田と斜面林の減少が、見沼たんぼの自然環境の質の目立った変化だといえます。
しかし、依然として1260haの区域がほぼ緑環境の空間として存在している見沼たんぼは、さいたま市、県、国レベルでの環境資産であるといえます。

私は、今後も見沼たんぼを子供たちのために守っていくため、平成13年に見沼グリーンプロジェクト研究会に参加し、平成15年からは見沼グリーンプロジェクト懇話会として見沼たんぼ保全に関する様々な検討と提案を重ねてきました。

その中で私は、将来像として「人と自然の共生・都市と自然との共存」を目標とする『見沼新時代』を提案しました。
基本理念は、「『見沼新時代』の認識に立ち、見沼たんぼを市民のかけがえのない環境資産として後世に伝える」というものです。
具体的には、「見沼田圃の歴史・文化を未来に伝え生かす」「様々な緑地形態で一体的な保全・活用・創造を進める」「広域的な水と緑のネットワークを形成する」、以上3点の方針で活動しております。

活動の中で、一貫して提案してきた市民との協働というテーマが、こうしてホームページ開設のかたちで実を結んだことは非常に喜ばしいことであり、見沼たんぼの保全における進歩です。

今後は、このホームページを通じ、さいたま市のかけがえのない環境資産である見沼たんぼの緑環境保全、運営管理手法について、大切なメッセージを発信し続けて頂けるよう応援してゆきます。

プロフィール

田畑貞寿(たばたさだとし)

千葉大学名誉教授(工学博士)
ランドスケープ エコロジスト
(財)日本自然保護協会理事長
見沼グリーンプロジェクト懇話会 座長
最近の著書:市民ランドスケープの展開,緑と地域計画など