• HOME
  • 市民活動の紹介

市民活動の紹介

※市民ネットとしての活動は平成28年5月に終了しました。

市民ネットとは

見沼たんぼ・さいたま市&市民ネットワーク(通称「市民ネット」)は、市民、市民活動団体、さいたま市が情報共有し、見沼田圃の保全・活用・創造の基本方針についての共通認識を深め、農地の保全、及び見沼たんぼの自然、文化、歴史等を守り育て、その魅力を周知するとともに、かけがえのない資産として次の世代へ継承するために、「見沼たんぼのホームページ」を活用した有効な情報発信と各種活動を行ってきました。
平成28年6月以降は、さぎ山記念公園を拠点とする「見沼・さぎ山交流ひろば」に一元化し活動を行っていきます。

このホームページでは、見沼たんぼをテーマとしている様々な市民活動団体について、活動カテゴリーごとに紹介しています。
これから活動に参加してみたい方、他の団体との交流に関心がある方や市民活動団体を応援したい方は是非このホームページをご活用下さい。
(市民活動団体の連絡先は、ほとんどが個人宅ですので、電話・ファックスを使用する場合は時間帯を考慮し、ご自分のお名前と団体宛の連絡であることを先に伝えるなどマナーをお守り下さい。)

活動カテゴリー

各市民活動団体の活動拠点

より大きな地図で 市民活動マップ を表示

市民活動団体一覧

市民活動団体 活動内容 活動カテゴリー
大宮河川愛護会 綾瀬川・芝川・加田屋川で水質調査ならびに動植物・水生生物を調査しています。調査結果は報告書にまとめ、行政等に提供しています。
また、各種フォーラムやイベントにも積極的に参加しています。
環境保全環境学習環境調査文化・歴史
NPO法人
カンゾウを育てる会
県立浦和西高校北側の西縁で、ヤブカンゾウの自生地を保護し広げる活動をしています。他に自生植物の再生、草刈り、芋苗の植え付けと焼き芋大会、芋煮会、「トンボ池の設置」などを通してまち作りにつとめています。 環境保全環境学習環境調査文化・歴史レクリエーション農業体験その他
さいたま市みどり愛護会 ボランティアとして市内20ヶ所の緑地を担当し、そこを自然環境保全緑地へと復元させるため、雑木林の保全に積極的にかかわり活動をしています。 環境保全環境学習環境調査レクリエーション
NPO法人
自然観察さいたまフレンド
見沼たんぼと大宮台地の自然観察や保全活動を続けています。 環境保全環境学習環境調査
日本野鳥の会埼玉 野鳥に接することを通じ、自然尊重の精神を培い、人間性豊かな社会の発展に資することを目的としています。 県内全域で、年間100回以上の探鳥会、自然観察会を実施しています。 環境保全環境学習環境調査レクリエーション
NPO法人 水のフォルム さいたま市の環境保全に不可欠な水「見沼代用水」を後世に残したいと、後継者不足の農家を支援しています 環境保全環境学習文化・歴史援農
見沼市民フォーラム 「自然と人間の共生」の大切さを訴えるため、ホタルの放流と鑑賞会、ゴミゼロ運動の推進、 いも煮会、歩こう会、環境セミナーなど、地域に根ざした活動を展開しています。 環境保全環境学習環境調査その他
見沼田んぼ保全市民連絡会 長い活動の歴史を持つ団体であり、複数の「会」が加盟、互いに交流し、見沼田んぼ全般の状況や問題点などを報告し合う「連絡会」です。斜面林や湿地の調査、研究集会なども行っています。 環境保全環境学習環境調査
NPO法人 見沼ファーム21 「県民体験水田」活動として、市民の方々と米作り体験を行っています。他にも親水場の設置、水質調査、文化的遺産の伝承などにも取り組んでいます。 環境保全環境学習環境調査文化・歴史レクリエーション農業体験援農
見沼ふれあい散歩の会 見沼たんぼの四季折々の風景を体験する散歩を主な活動とし、これまでに散歩マップを作っています。 文化・歴史レクリエーション
NPO法人見沼ホタル保存会 見沼にホタルの棲める環境をつくり、ホタルとの関わりを通して、環境のことなどを思い・考え・見直し・守り・育てる運動を推進しようと思います。
幼虫の放流会、ホタルの飼育、ホタル鑑賞会などを行います。
環境保全環境学習
見沼福祉農園推進協議会 私たちは「見沼田んぼ福祉農園」事業を行っています。荒廃地化した農地を、農業をやったことのないスタッフたちが近隣の農家や農園ボランティアにアドバイスをいただきながら、障害者、高齢者、若者や子ども達とともに環境保全型の農業を持続することで、無農薬でおいしい野菜を作りつつ、見沼田んぼの保全に大きく貢献しています。 環境保全環境学習環境調査文化・歴史レクリエーション農業体験援農
浦和西高斜面林友の会 見沼代用水西縁に面する埼玉県立浦和西高の斜面林を、水田が豊かだったころの斜面林に戻す作業をしています。毎月1回の斜面林保全作業と、年に数回、プチ散歩、三富新田や利根大堰などの見学会、赤山街道などを体験するウオーキングをし、12月には収穫祭も行います。 環境保全環境学習環境調査文化・歴史レクリエーションその他
NPO法人地域人ネットワーク 私たちは見沼たんぼの自然環境に親しみながら、親子による農業体験「ふれあい菜の花子ども教室」を月1回開いています。この教室では、休耕田を利用して「菜の花の栽培からナタネの油しぼり」という昔からある資源循環サイクルを体験の中核にして、野菜づくりやヤキイモ大会などのイベントを、親子・家族と当会のシニアメンバー3世代が交流しながら進めています。その他、パソコン講座など、地域のシニアの方々へのIT支援活動も行っています。 環境保全環境学習農業体験
グラウンドワーク in 芝川 芝川に多くの生き物が戻り、自然豊かな環境になり、みんなに親しまれるよう清掃活動、水質検査やバードウォチィングなどの観察会を行っています。 緑区内の大道西橋から川口市境の芝川の両岸14キロメートルについて「水辺の里親制度」に参加、県・市と協定を締結しています。 環境保全環境調査
見沼100年構想の会 さいたま市の東、壮大に広がる見沼緑地。この貴重な故郷の自然を後世に伝えたいと願い“政令指定都市さいたま"の誕生とともに出発しました。
家庭で、学校で、職場で、この鳥轍図を眼にする時、見沼の豊かな自然をくらしに、仕事に活かす方法を見い出し、未来に想いを羽ばたせてくださることを信じます。
鳥撤図「見沼スーパー・パノラマ」公開や、見沼焼製作体験・展示、竹トンボ飛ばし大会、いかだ(浮島)作り体験などの活動を行っています。
環境保全環境学習
見沼たんぼ地域ガイドクラブ 見沼たんぼに深く係わって活動を展開している8団体が、地域のガイドを養成するために、「見沼たんぼ地域ガイド養成講座」を開講、その講座を修了した受講者により当クラブを設立しました。見沼たんぼと周辺地域を中心としたガイド活動や、農家さんとの協働による家族収穫体験ツアーの実施、公開セミナーの開催等を通じて、見沼たんぼ地域の価値と情報を総合的に提供する活動を行っています。 環境学習文化・歴史レクリエーション農業体験